アクションカメラで動画制作

アクションカメラというのはあまり聞きなれない人も多いでしょうが、小型で耐久力の高いビデオカメラの一種です。

これは動画制作の目的には非常に良く合っており、実際、SNSなどで動きのある映像が投稿されたりしていますが、これはアクションカメラによる動画制作であることが多いです。普通のビデオカメラは手に持つか三脚に固定して動画制作することになるでしょうが、アクションカメラの場合はいろいろなものに固定して使うことができます。自分自身の身体に取り付けてスポーツシーンを自分の視点から撮影することもできますし、スポーツ用具、例えばサーフィンやスノーボードをしているような場合、その用具に取り付けて撮影することもできます。

聞いているだけでも相当に迫力ある動画が撮影できそうな気がするでしょう。全くそのとおりで、そのような映像作品を専門に作っている人も多くいます。あるいは自転車やオートバイに取り付けて走ることで動画を作ることもできます。車であっても可能です。アクションカメラは小型軽量ですから、使い道を選びません。

撮影する人の感性のままにいろいろなシーンで用いることができます。変わったところでは、自分のペットに取り付けてペットの視線からの映像作品を作っているような人もいます。サーフィンでも使えるくらいですから水中でも使えるタイプのものもあり、これも制作する映像の世界を大きく広げることにつながっているでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *